城と自転車

アクセスカウンタ

zoom RSS パン屋はダメ?

<<   作成日時 : 2017/04/19 22:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上海空港に到着すると イミグレーションの外国人列に驚かされる。
列の90%は日本人で一瞬、日本の空港かと勘違いしそうだ。

それだけ、日本経済は、中国に依存している。


その中で、先日の銃剣道のニュースは、非常に迷惑だ。
中国でも このニュースで、大きく扱われていた。
中国は今は、嫌韓だが、反日は、何時でも発動できる切り札である。
それだけにスキをわざわざ見せるべきで無いのが常識と思う。


そこへまた、新しいニュース

小1向け教科書に載る題材「にちようびの さんぽみち」。祖父とよく
散歩する主人公 「けんた」がいつもと違う道を歩き、見慣れたまちの
新しい魅力を見つける−−
という単純な内容で、この中にパン屋さんが出てくる。

 ところが、この題材全体に「学習指導要領に示す内容(伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度を学ぶ)に照らし扱いが不適切」と検定意見がついた。文科省の担当者は
「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つことの意義を考えさせる内容になっていない」と解説する。

 指摘を受けて東京書籍は悩んだ末に「パン屋」を伝統的な和菓子を扱う「お菓子屋」に変更した。

文化省は、「出版社側が自主的にこの箇所を選んで修正した結果」 
との見解だが、結果に、満足できたのなら 言い訳も甚だしい。


全く意味が不明だ。パン屋は、非国民とでも言いたいのか?
日本に西洋風パンが伝わったのは天文12年(1543年)で 銃剣道より
遥かに古い
今では、日本の製パン技術は世界一で、誰からも広く愛されていると
思う。


誰に取っての愛国か? 愛国とは、精神的視野狭窄の事か?

この国を、再びおかしな方向に向かわせようとしているのか?


文部科学省とは、戦時中の大本営よろしく 無能の集まりか?

先日の天下りの摘発は、これの為の官庁からの圧力だったのかも?


時代の空気など10年有れば 変わる事は、大正から昭和初期の事を
見れば、想像が付く。


札幌靖国神社
画像
九段に行けなかったので、札幌の物です。


教育とは、子供を人質に取られているのと同じ事だ。
これに付いては、日本人はもっと 声を大にして騒ぐべきと思う。
再び不幸を繰り返さない為にも



にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村
にほんブロhttp://history.blogmura.com/his_shiro/img/his_shiro88_31_femgreen.gifグ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パン屋はダメ? 城と自転車/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる